子どもさんが良くなられるのはほんとに嬉しい

こんにちは

超凄ヒーリングセラピストのしのぶさんです

と、今日は箔を付けておきます(笑)

施術に来られるのは、大人が殆どですが、実は子どもさんが早く変わるのになと思うことがよくあります。

それを昨日、目の当たりに見せつけられました

琵琶湖バレイへご一緒した方が娘さんを連れて来られていました。

お会いして、すぐに娘さんがしゃがみ込み足が痛いと言うので手当てをさせて頂きました。

何も知らない方ならば、宗教か何かと勘違いされると困るのであまりしないのですが、お母さんも快く受け入れてくださってこんな感じに

でも彼女の足はそこだけではなく、両足に痛くなってもおかしくないものがありました。

変だと思い、ちょっと全体を見ていくことに、、

子どもは胸腺といって胸のあたりに色集まります。免疫力も子どもはこの辺から。

そして、背中の天使の羽のところを両手で挟むと、もう熱くて熱くて

これはここに篭っていて、エネルギーが外へ出られなくなっています。

次にチャクラを調整し、光エナジーを入れていくと、足は治り、お腹が痛かったのもトイレへ行くとともに治り、次第に顔色も良くなりました。

一時間足らずでした

昼食の席もお隣に座り、まだ出来ていない背中部分などを流してあげて、背中にモアンモアンとあるいらないエネルギー体を取り除いてあげると

子どもの回復って凄いですね

昼食もお代わりして

顔を隠すように目深に被っていたフードを

取ろうかと促すと取ってくれ、そこから出て来た顔は、こんなに明るい顔です

どう!ピースサインですよ

エネルギーを吸い取られ、お母さんに抱きついてしゃがみ込み込みそうになっていたのにね

キラキラ

オバザン目がありませんが

もう一枚

いいでしょ笑

あの目深にフードを被り人を寄せ付けたくないオーラーを出していたのは、実は彼女結奈ちゃん自身ではなかったのです。

フードを被るのは、エネルギーを入れたくない行動です。

エネルギーが入らなけれれば、健康になれません

すぐ疲れて座りたくなります

エネルギーかずっと入り続け出る綺麗なエネルギーの流れになると、体は疲れなくなるので解ります

お医者さんでは薬を貰えても波動を調整したり、内在する光を引き出してあげるのは出来ませんよねー

まだまだご存知ない方が多く、お医者さんが

治らない

と言われるのは、

お医者さんが勉強されたものでは治せない

ただそれだけです

理解出来なくても、わかる人には解るものがいっぱいあります。

キレやすい子、発達障害と言われていても脳が少し変われば改善するとわたしは思っています。

伝授を受けられた方が、お孫さんの為に手当てをなさっていて落ち着いて来られたようです。

認知症の方もびっくりするくらい改善されています。

と言うことは、脳の中の波動、脳波や流れ血流、そして松果体に手を当て光を吸収させることにより、セロトニンが出たり、大きな変化が出てきます。

結奈ちゃんもスマホを器用にサクサクしてたので、ちょっと松果体へアプローチを。

医学だけに拘らず、あっ!お医者さんや精神科医の先生も伝授を受けて喜んでくださいました

自分の視野を広くもち、偽のスピリチャルなものでなく、その人を見極める力を持ち他に治るものがあるのではと思った時に、大いなる存在は、あなたにそっと差し出してくれるように思います。

人の力は偉大です

自分の中の力を信じましょ

結奈ちゃん、ご協力感謝します

ネズミ小僧はもうやめようね(笑)

医学や概念で一括りにされてしまう子ども達を少しでも解き放ってあげたい、

光エナジーしのぶさんでした

登校拒否なども手を当てないと判りませんが、大いに期待できるところです

(個性ですから、一概にはいえませんが、その子が本当に望まなくしてそうなっているのであれば)

お問い合わせがありましたらこちらまで