エロ写真

実は、amazon で買ったものは、すべてレビューを書いている。レビューを書きたいがために買っていると言ってもいい。(さすがにこれはウソ)https://www.amazon.co.jp/gp/profile/amzn1.account.AHYYAVIVDGVKA7BRNBLY54MIK4WA/ref=cm_cr_srp_d_pdp?ie=UTF8

ところが、昨日、時計のバンドを付け替えた写真をUPしようとしたのに、全然webページに反映されない。これまでに書いたレビューは大抵は数分で掲載されていたので、たまたま審査が立て込んでいるのだろうと思ったが、今日になっても変わっていない。

そう言えば、その前に写真を上げようとした時も、翌日になってからやっと掲載されたな、と思い出し、ネット上で amazon のレビューについて検索してみて、理由が判明した。と思う。

おそらく文章も画像も、まずは自動判別にかけられ、NGのものは人間の判定に回されると考えられる。そうでなければ処理しきれまい。この時、どうやら肌色(に似た色)の比率が大きい画像は、裸の人物の写真、即ちエロ画像の可能性ありと自動判別されるようなのダ。

で、わたいは、時計の写真を撮るのに、背景にダンボールを使ったのだな。確かに、肌色に近いと言えば近い。(爆)

そんなわけで、もう何日かは様子を見ることになったのあった。トホホ。

ところで、何本かクロノグラフを買い、またネット上で動画を検索して気づいたことがある。

セイコーのクォーツクロノグラフは、指針式でありながら、スプリットタイム(中間タイムあるいはラップタイム)が測れる優れたものである。リセットも、針がモーターで滑らかに戻る。ずっと前に使っていたのがそうだったし、現在持っているこれら

も、ショップブランドだがムーブメントはセイコーのこれ

もそうだ。ところがこれ

は、スプリットタイムは測れないし、スタート/ストップボタンの操作感が機械式(ゼンマイ式)と同じ、リセットもボタンを押す指の力で針が瞬時に戻る。この点は落胆したのでアル。

腕時計つーのは、正面からの写真は現物と印象が大きく異なることが多い。そこで、ネットで型番で検索し、色んな角度からの写真、あれば動画を見て参考にする。その中で、一時購入候補にしていたこれ

が、動画を見るとストップウォッチのリセットで針が瞬時に戻っていたのだ。

うーむ。これはもしや、スモールセコンド(時刻秒針)が、9時位置のモデルはスプリットタイム計測可で、6時位置のは不可なのではないか。この白い文字盤のクロノグラフは、視認性がよさそうなので気になっていたのだが、買うのをやめたのであった。

ちなみに、持っているスプリットタイム不可タイプ(黒文字盤のもの)は、同型色違いが多種あり、黒以外だと小ダイヤル外周が幅広のリングになっていて、配置も同じため某ロレックスに似ている。それを知ってからは、色違いモデルで見た目がいいと思っても、購入検討の対象から外した(笑)。ロレックスが買えないから似たモデルを買った、なんて思われたくないよ。まあ、そもそもロレックスのデザインテイストは好きになれないし、ゼンマイ式なんて使う気もないけどね。腕時計は休日しか着けないから、止まっちゃうよ。

広告を非表示にする

教育対立から学ぶの背景と目的

2肯定的な学習環境の構築

教員や学校経営者は生徒にとって肯定的な学習環境がなければ学習は行なわれないことを知っている。つまり、肯定的な雰囲気、効率的な教室運営、そして子どもたちが意見や気持ちを安心して共有できる尊重された環境づくりが重要である。この目的に対しては下記の成果が期待される。

学校教室の雰囲気の改善

個が尊重された思いやりのある環境作り

教室運営の改善

教師がしつけにかける時間を削減

生徒を中心にした規律を用いることを増やす

3生徒の社会的感情的成長を促す

教育の究極の目的は子どもたちがよりよい大人になることである。学力だけではなく社会的、感情的な能力を向上させることにより、より幸せな人生を送り、社会に貢献することができる、と考えられている。この目的の達成は他の目的とも関連する。この目的を達成することができれば、下記の成果が期待される。

多様な観点から物事を考えられる

課題解決能力の向上

感情への気づきと感情のコントロール

攻撃的な態度と敵対的な姿勢が減少する

学校や家、コミュニティで対立に対して肯定的な態度や姿勢が増加する

4肯定的な対立のコミュニティ作り

肯定的な対立コミュニティを作るためには公正な社会の推進と提唱が必要である。肯定的な対立コミュニティの中では、人が、そのコミュニティの問題と解決方法に対して責任を共有している。そのようなコミュニティでは、破壊的な対立は、みんなで取り組むべき問題と考えられる。この目的を達成することにより下記のような成果がもたらされる。

学校行事や学校運営への親やコミュニティの関与が増える

学校の教育とコミュニティの教育の関連性が強まる

コミュニティの緊張と暴力が減少する

このように教育の目的と期待される成果は幅広く多岐に渡るが、子どもたちが安全で安心して学べる環境を作ることが共通する目的のひとつであろう。その目的は、技術や知識を得ることだけでは達成できず、学校や地域全体が取り組まなければならないプログラムであることがご理解いただけたかと思う。次章では、教育の具体的なアプローチと、その実践について考察したい。

参考文献forConflict2002School-BasedConflictEducationProgramStandardsDC:forConflict

DeutschM(1949)ATheoryofandHumanRelations2pp129-152

JonesTS(2004)ConflictEducationTheFieldtheFindingsandtheFutureConflictQuarterlyvol22no1-2Fall-Winterpp233-267

JohnsonDJohnsonRConflictandPeerMediationProgramsinandSecondarySchools:AReviewoftheResearchReviewofResearchVol66No4Winterpp459-5061996

羽生くん金メダルおめでとうオリンピック

羽生くん金メダルおめでとうオリンピック二連覇本当におめでとう

ブログ始めました

数年ぶりにブログを始めました。どうもみなさん、はまりです。

設定でアラフォーとアラフィフを間違えました。

気持ちは永遠の18歳です。ウソです。

ダンナと子供3人、計5人で暮らしております。

これは誰がどう見ても面白かろうという事件が起これば彼等についても書くかもしれません。

基本的には植物の話です。

あと、ヘルマンリクガメとミシシッピアカミミガメを飼っているので、彼らの話もしていこうかと。

誰かの参考になれば幸いです。

ではでは。

広告を非表示にする

オーロィルって!?

あらゆる国籍や政治信念を越えて平和に暮らす場所があると聞き

その場所は、南インドにある持続可能なユニバーサルタウンを目指すコミニュティオーロィルという場所らしいのです

私もインドへは、ヨガの学びでちょこっと行かせてもらいましたが、ここもスゴイ。ようです

どんなところなのか

ちょっと調べてみました

オーロィルは1968年からはじまり、今では世界40国以上の様な国籍2000人以上の方が暮らしているようで

世界最大級の持続可能性を目的とした、まちづくり社会づくりをされているようです。

昨日、恩師からメールを頂き、今日も現地にいらっしゃるとのことで

メールに、オーロィルの様子が書かれていましたので、興味のある方は読んでみてくださいね

以下、恩師からのメールです

転載許可済み。

ミホさん、お元気でしょうか?

こちらでの体験をまとめてみましたので、シェアさせてください。

私は、1/26より南インドに来ています。

オーロィル聖者オーロビンドとフランス人のマザーが作った共同体にスペインで私の講習会を開催してくれた友人夫婦が住んで

いまして、いろいろと案内していただいています。

ここでは、世界52国から来た2500人もの人(インド人が約1000人が霊性を高めながら、平等かつ平和に暮らしていま

す。学校や医療施設も整っていて、ヒーリングセンターもあります。皆さん意識が高く、交流するだけでいろいろと啓発されます。も

ちろん農業もオーガニックで、50年前には荒れ地だったという広大なエリアが素晴らしい森と畑に生まれ変わっています。

オーロィリアンオーロィルの住人以外にも、インド各地から若者たち(建築科の学生が自然な家造りの為にインターンに来

ていたりと、とにかく活気があります。青年たちの純粋さと情熱、そしてクリエイティブな力に圧倒されます。男女一緒に明るく楽し

そうに働いていて、ここでの実習が大学の単位として認められるらしいです。日本でもこのようなシステムができると素晴らしい若者が育つと思います。

オーロィルは今年50周年を迎え、その式典にはモディ首相も来られるとのことです。さすがはインド、政府もずっと予算を割き支援しているのです。

シュリオーロビンドは、お若い時にインド独立の為に奔走され、拘置場に拘留されていた時にィェカーナンダ聖者ラーマ

クリシュナの弟子、岡倉天心とも深交があったとの出会いで、政治からに霊性への転換が起こり、悟りを開かれた方です。マホトマ

ガンディーにも多大な影響を与えられました。

ポンディチェリーにあるシュリオーロビンドが晩年お住まいになっていた住居を案内していただいた時は、その崇高な意識とエネル

ギーを感じ、魂が震えるほど感動しました。何かがダウンロードされたような感じでした。

人と地球の霊的進化の為、自主的に生き生きと働かれていらっしゃるオーロィルの方、それぞれがユニークで、しかも経済的に

も自立していて、一人一人の生命が内なる喜びで花開いているように感じました。色んな問題を抱えながらも、実際に行動に移している姿に心底感銘を受けました。

福岡さん式の自然農法をされている方やダウジングで土地や建物のエネルギーを整えていらっしゃる方にも出会え、毎日が感動の日

でした。ここのスーパーでは食べ物や洗剤等もオーガニックなものを安価で買え、オーガニックレストランも何軒かあり、太陽光発電

や風力による水の汲み上げシステム等、全ての面でエコに徹しています。

ここでは、音楽や芸術ヨガ合気道等自分の才能や持ち味を皆とシェアすることが自然に行われており、私も大学生たちに為に気功

講習会を開くことができました。体調の悪い人へのアドバイスと治療もさせていただけ、ハートが満たされました。

オーロィルにあるチベットパビリオンにも行ってみました。チベットの文化を伝える施設で、15才でチベットから亡命して来た一

人の女性が作ったものです。ダライラマも3回来られたとのことで、ダラムシャラのチベット孤児たちも冬休みの間、こちらに滞在しています。

オーロィルで、国家や民族を超えて互いに理解し合っている姿を観ると、世界平和の雛型がここにあるような気がします。それが、

シュリオーロビンドの霊的パートナーであったマザーのドリームでした。日本でも、日本の霊性文化を取り入れたこのようなド

リームが具現化すれば良いなと切に思いました。ちなみに今回お世話になったYさんは、このマザーのADream

という文章に触れ、スペインでのすべての仕事を投げ打って、ご主人と一緒にここに移住する決心をされたそうです。

最近、シュリオーロビンドのご本インテグラルヨーガ(発行:アルテを借りて読んでいますが、オーロビンドの説かれたエ

ッセンスが書かれてあり、その宗教哲学の深さには心を打たれるものがあります。彼の文章は非常に難解で、日本で何度か読もうとし

て途中で諦めていたのですが、今回は彼の伝えたかったことが、スッと入ってきます。

2月4日のフライトでここを離れる予定だったのが、ふとしたご縁で、2月4日からオーロィルの近くにあるSriVast

アシュラム道場でリトリート(静修)に入りました。2月11日に出るつもりだったのが、覚者SriVast

さんからもう少しで全てのチャクラが整うから、滞在を15日まで延長しなさい。費用はこちらで持つ。と言われ、今その流れに

従っています。日本を出る前に予約していた次の目的地へのエアーチケットやホテルは全てキャンセルとなりましたが、魂は神の計らいを喜んでいます。

こちらでは霊性修行以外にトリートメント(ここではプロセスと言うを受けることもできます。それらは各チャクラに働きかけるも

ので、アーユルェーダのハーブやオイルを使って二人がかりで特殊なマッサージをします。

毎朝4時から瞑想、6時からインナーヨガ(内なるエネルギーを整えるソフトなヨガ、ワニになりきって砂場を這う運動もある)を

行い、時サットサン覚者との清朗の集いがあります。意識の覚醒を身体や感覚から入るのが、気功や太極拳と似ていて、大変興味深く参考になります。

身体に刷り込まれたネガティブな感情エネルギーや条件づけされた意識を解放すると、真の自由を取り戻し、過去や未来にとらわ

れず、開かれた意識で瞬間瞬間に自己を表現しながら、喜びで生きられると、SriVastさんがおっしゃっていました。

オーロィルとSrivastアシュラムでの体験は、非常にインパクトがあり、私にとって何か新しい始まりのきっかけになりそうです。

2月15日の夜行寝台バスでケララ州に行き、数日後にヒマラヤの麓にあるリシケシュというヨガの里に向かいます。そこでは一昨年

お出会いした何人かの覚者の方をお訪ねするつもりです。

すべての生命は、その見かけの背後を見れば、広大な自然のヨーガであり、自然は意識的にも潜在意識的にも、自らの極致を実現し

ようと、いまだ実現されていない可能性を益表現し、自分自身を自らの神聖な実体と一体化させようと試みている。オーロビンド)

生命全体がその神聖な源泉を意識して、知識、意志、感情、感覚、肉体のそれぞれの活動のなかに、神に由来する衝動を感じられ

るように。それは世俗的な目的に欠かせないものを何ひとつ拒否せず、それを拡大し、今はその目から隠されている、もっと大きくも

っと真実な意味を見いだして、それを生きる。それを限定的、世俗的、死を免れない運命のものから、究極の、神聖な、不滅の価値を

もったかたちへと変容させる。オーロビンド

今回の旅では真の自由とは何かについて常に問いかけられているような気がします。

人類全体が無限の存在に目覚め、ひとつになりますように!

中健次郎

おはようございます^^

おはようございます

.

今週もいい感じ

今月もあと半月ないのか・・

みなさんは生産性のある日々を過ごせていますか?

.

.

#生産性 #充実 #週末 #焼肉食べたい

第1621日目

天候は晴れ

今朝は、暖かい( ^ω^ )

急遽、来月の展示会に

出展が決まった。

準備期間が、殆ど無い( ̄▽ ̄;)

今日から突貫作業だぁ( ;∀;)

広告を非表示にする